コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

講史 こうしjiǎng shǐ

世界大百科事典 第2版の解説

こうし【講史 jiǎng shǐ】

中国の北宋(960‐1127)の首都汴京(べんけい)(開封),南宋(1127‐1276)の首都臨安(杭州)などの都市の盛り場には常設演芸場があったが,そこで語られた講談のうち,人情噺などを主とする短編を小説といったのに対し,長編の史談を講史と呼んだ。また講史の筆録を評話,あるいは平話といい,現在《三国志平話》《五代史平話》などの作品が伝わっている。これらは後に明代になって《三国演義》などの長編小説へと発展してゆく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

講史の関連キーワード三国志演義白話小説演義小説講史書読本話本

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android