耐久財・非耐久財(読み)たいきゅうざいひたいきゅうざい(英語表記)durable goods

翻訳|durable goods

日本大百科全書(ニッポニカ)「耐久財・非耐久財」の解説

耐久財・非耐久財
たいきゅうざいひたいきゅうざい
durable goods
non-durable goods

はその機能によって消費財・生産財などに区別されるが、さらにおのおのについて耐久性を基準として、かなりの期間にわたって使用される耐久財と、それ以外の非耐久財(単用財)とに区別される。この期間がどのくらいをさすかは一概にはいえないが、通常は3年を一つの目安としている。生産財については、工場や機械などが耐久生産財であり、単用生産財である原材料に対比される。消費財については、家具、自動車、ステレオなどが耐久消費財であり、その属性からハード・グッズhard goodsともいわれる。これに対し非耐久消費財は食料品、衣料品などで、ソフト・グッズsoft goodsともいわれる。

[鈴木博夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android