潜水艇(読み)せんすいてい

精選版 日本国語大辞典「潜水艇」の解説

せんすい‐てい【潜水艇】

〘名〙
① 小型の潜水艦潜航艇。〔五国対照兵語字書(1881)〕
② 明治年間(一八六八‐一九一二)に就役した一三隻の潜水艦のうち、第一から第七までの小型のものの称。
③ 潜水して海洋および海底の調査を行なう。高水圧に耐えられる特殊な構造をもち、大洋深海底にもぐり、海底の観測を行なう。潜水調査船。
※夏の終り(1962)〈瀬戸内晴美〉「一万メートルの海底にもぐった潜水艇の話を聞きました」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「潜水艇」の解説

せんすい‐てい【潜水艇】

小型の潜水艦。潜航艇。
海洋や海底の調査のためなどに深海に潜水できる構造の船。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android