コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐熱塗料 たいねつとりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耐熱塗料
たいねつとりょう

100℃以上の高温になる物体に塗布し,耐食や美観保持の役割を果す塗料。一般に油性ワニス,瀝青質ワニス系 (ギルナイト,アスファルト,ピッチ) の顔料 (アルミニウム粉,亜鉛粉など) を含む塗料で,塗膜の電気絶縁性や機械的性能などが長時間の高温下にさらされても低下劣化しない特性をもつ。耐熱温度は一般に 300~500℃,特にシリコンレジンを用いたものは 700℃以上の耐熱性があるといわれる。ケイ素樹脂塗料,チタン酸エステル塗料などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

耐熱塗料の関連キーワードシリコーン樹脂硼砂

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

耐熱塗料の関連情報