コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐熱塗料 たいねつとりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耐熱塗料
たいねつとりょう

100℃以上の高温になる物体に塗布し,耐食や美観保持の役割を果す塗料。一般に油性ワニス,瀝青質ワニス系 (ギルナイト,アスファルト,ピッチ) の顔料 (アルミニウム粉,亜鉛粉など) を含む塗料で,塗膜の電気絶縁性や機械的性能などが長時間の高温下にさらされても低下劣化しない特性をもつ。耐熱温度は一般に 300~500℃,特にシリコンレジンを用いたものは 700℃以上の耐熱性があるといわれる。ケイ素樹脂塗料,チタン酸エステル塗料などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

耐熱塗料の関連キーワードシリコーン樹脂硼砂

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android