コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐酸鋳鉄 たいさんちゅうてつacid-resisting cast iron; acidproof cast iron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耐酸鋳鉄
たいさんちゅうてつ
acid-resisting cast iron; acidproof cast iron

ケイ素,ニッケルクロムなどを添加して耐酸性を強化した鋳鉄。次の3種がある。 (1) 高ケイ素鋳鉄 ケイ素 13~17%を含む鋳鉄で,フッ化水素や高温の濃塩酸以外の酸には溶けず,強い耐食性を示す。硬くてもろいので,鍛造,切削はできない。研磨して化学装置用材料とする。 (2) 高ニッケル鋳鉄 ニッケル 14~30%のほか,銅,クロム,モリブデンを含む鋳鉄。オーステナイト系の金属組織を有し,耐食性が大きく,市販のニレジストは硫酸用弁,下水装置などに使用される。 (3) 高クロム鋳鉄 クロム 24~35%を含む鋳鉄。硝酸,リン酸に強く,硫酸,塩酸,強アルカリには弱い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

耐酸鋳鉄の関連キーワード特殊鋳鉄耐食合金

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android