コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳ざわり ミミザワリ

とっさの日本語便利帳の解説

耳ざわり

本来は不快な音やことばなどに対して用いられる形容動詞である。「肌ざわり」や「手ざわり」と混乱して「耳ざわりが良い」などと使われるが、慣用的には誤用である。「肌ざわり」や「手ざわり」は「触り」で、「耳ざわり」「目ざわり」は「障り」。前者には良い・悪いという価値判断が入らないが、後者は不快な良くないものという意味が入る。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

耳ざわりの関連キーワードムーア(Gerald Moore)仁義(博徒・香具師)ジェラルド ムーア萩原 和子婉曲語法美辞麗句びんびん耳に付く耳立つ訛み声静か

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

耳ざわりの関連情報