価値判断(読み)かちはんだん

日本大百科全書(ニッポニカ)「価値判断」の解説

価値判断
かちはんだん

事実判断に対する規範的判断の一種で、人間の行為、性格、広義の対象に、積極的、消極的評価を与える評価判断をいう。典型的な価値判断の形式は「この本はよい(悪い)」のように、評価の対象を主語とし、それに、この対象を評価する価値の述語を加えたものである。一方において評価判断には、対象の種類や関連に応じて、経済的、美的、倫理的などの区別が行われ、とくに行為に対する評価には、行為自体や行為の動機、目的などへの個別的評価に応じて、さらに区別と相互の連関が問題にされる。

 他方、評価の述語にも、事物や行為の目的や動機にかかわる、もっとも包括的な「よい」または「善」を筆頭に、行為自体を対象とする「正しい」または「正」や、その他「美」「」などが区別される。評価は事実に還元されない独自の機能をもつが、他方、評価の基準とこの基準を述べる事実判断を必要とし、また、義務、命令などの他の規範的判断との間に種々の関連と異同を示す。

[杖下隆英]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「価値判断」の解説

かち‐はんだん【価値判断】

ある事柄の値打ちや効用を評価すること。
哲学で、ある対象に対して、主観がその価値評価を言明する判断。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「価値判断」の解説

かち‐はんだん【価値判断】

〘名〙 事実についての記述的な判断(事実判断)に対して、価値的な評価を行なう判断。「あの花は白い」に対して、「あの花は美しい」という類。また一般的に、事物の価値を判断すること。価値の有無を判断すること。
※国民経済講話‐乾(1917)〈福田徳三〉二章「経済とは価値判断(カチハンダン)に基く生活維持の秩序的行動なりと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の価値判断の言及

【価値】より

…すなわち価値とは〈のぞましきもの〉ではなく,〈のぞましさ〉(その程度)である。
[価値の関連諸概念]
 ある主体がある客体の価値を判断する場合,その主体が〈価値主体〉,その客体が〈価値客体〉,その判断が〈価値判断〉であることはいうまでもない。個々の価値主体は,世界の中の数多くの価値客体について,それぞれの価値判断を下す。…

※「価値判断」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android