耳熟(読み)じじゅく

精選版 日本国語大辞典「耳熟」の解説

じ‐じゅく【耳熟】

〘名〙 何度もにしていて、聞いただけで何であるかがよくわかること。
※中華若木詩抄(1520頃)中「淵明がことは、児童走卒に至るまでも、耳熟したることなれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「耳熟」の解説

【耳熟】じじゆく

聞きなれる。知りつくす。宋・欧陽脩〔滝岡阡表〕汝(なんぢ)のと爲り、(つね)に夜燭して官書を治め、(しばしば)廢してず。曰く~夫(そ)れ常にの生を求むるも、ほ之れを死に失す。而るに常に其の死を求むと。~が耳熟せり。故に能く詳らかにするなり。

字通「耳」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android