聖アネシュカ修道院(読み)セイアネシュカシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

せいアネシュカ‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【聖アネシュカ修道院】

Anežský Klášter》チェコの首都プラハ中心部、旧市街にある修道院。13世紀前半に建てられたゴシック式建造物であり、現在は国立美術館別館として、中央ヨーロッパにおける中世ゴシック美術の作品を展示している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android