コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖イシュトヴァーン大聖堂 せいイシュトヴァーンだいせいどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

せいイシュトヴァーンだいせいどう【聖イシュトヴァーン大聖堂】

ハンガリーの首都ブダペストにある聖堂。デアーク広場に近いペスト地区中心部に位置する、ブダペストで最大のネオルネサンス様式聖堂である。ヨーゼフ・ヒルドの設計で1851年に着工され、最終的にはカウゼル・ヨーゼフが引き継いで1905年に完成した。ドームの高さは96m、直径22m、収容人数8000人という大規模なもので、内部はモザイク画や壁画、彫刻などの装飾がすばらしい。祭壇の裏手には、初代国王でキリスト教の布教に熱心だったイシュトヴァーンの右手首のミイラが納められている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

聖イシュトヴァーン大聖堂の関連情報