コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職人尽(く)し絵 ショクニンヅクシエ

1件 の用語解説(職人尽(く)し絵の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょくにんづくし‐え〔‐ヱ〕【職人尽(く)し絵】

さまざまな職人の仕事やその風俗を描き集めた絵画。鎌倉後期以降「東北院職人歌合」など職人の歌合わせに仮託した絵巻物が作られたが、桃山時代から江戸初期の近世風俗画の興隆に伴って画帖(がじょう)・屏風(びょうぶ)絵などが流行した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone