肉汁(読み)にくじゅう

精選版 日本国語大辞典「肉汁」の解説

にく‐じゅう ‥ジフ【肉汁】

〘名〙
① 鳥獣の肉を煮出してつくった汁。また、肉を入れた汁。肉羹(にっこう)
※蔭凉軒日録‐文正元年(1466)閏二月九日「此方童蒙衆、贈肉汁云、為小恵也」 〔班固‐難荘論〕
③ 肉を焼くときにしみ出る液汁。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「肉汁」の解説

にく‐じゅう〔‐ジフ〕【肉汁】

鳥獣の肉を煮出した汁。肉羹(にくこう)。
肉をしぼって取った汁。肉漿(にくしょう)。
(「にくじる」とも)を焼いたときにしみ出る液汁

にく‐じる【肉汁】

にくじゅう3

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android