蔭凉軒日録(読み)いんりょうけんにちろく

精選版 日本国語大辞典「蔭凉軒日録」の解説

いんりょうけんにちろく インリャウケンニチロク【蔭凉軒日録】

室町中期、京都、相国寺鹿苑院(ろくおんいん)内の蔭凉軒主が記録した公用日記。永享七年(一四三五)から文正元年(一四六六)までは季瓊真蘂(きけいしんずい)が書き、文明一六年(一四八四)から明応二年(一四九三)までは亀泉集証(きせんしゅうしょう)の手に成る。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android