蔭凉軒日録(読み)いんりょうけんにちろく

精選版 日本国語大辞典「蔭凉軒日録」の解説

いんりょうけんにちろく インリャウケンニチロク【蔭凉軒日録】

室町中期、京都、相国寺鹿苑院(ろくおんいん)内の蔭凉軒主が記録した公用日記。永享七年(一四三五)から文正元年(一四六六)までは季瓊真蘂(きけいしんずい)が書き、文明一六年(一四八四)から明応二年(一四九三)までは亀泉集証(きせんしゅうしょう)の手に成る。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android