コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肛門鏡 こうもんきょう anal scope

1件 の用語解説(肛門鏡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肛門鏡
こうもんきょう
anal scope

肛門管や直腸下端部の管壁を広げて内面を観察する器具。使用法が簡便なので外来検査によく利用され,痔核,肛門裂創,痔瘻,肛門癌などの発見や治療に役立っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の肛門鏡の言及

【内視鏡】より


[内視鏡の構造]
 目的とする部位により異なった構造の器具が用いられる。体の表面に近い鼻,耳,のど,肛門,腟の内腔を見るためには,それぞれ鼻鏡nosal speculum,耳鏡ear speculum,喉頭鏡laryngoscope,肛門鏡anoscope,腟鏡speculaが用いられる。これらは内腔を広げるための管やへら状のもの,あるいは柄のついた小さい鏡である。…

※「肛門鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

肛門鏡の関連キーワード肛門管肛門癌直腸肛門括約筋手を広げる店を広げる裂肛肛門周囲炎袖を広ぐ肛門周囲膿瘍

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone