肛門裂創(読み)こうもんれっそう

  • ×肛門裂創
  • こうもんれっそう ‥レッサウ
  • こうもんれっそう〔カウモンレツサウ〕

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

裂肛ともいい、いわゆる切れ痔(じ)のことである。鈍力が牽引(けんいん)性に作用して組織の連続性を断たれた創(きず)を裂創とよぶが、肛門上皮の一部に裂創を生じた状態をいう。主として肛門後壁に生じ、自然治癒傾向が強いが、便通異常などで肛門裂創を繰り返すと、創は陳旧化して潰瘍(かいよう)となり、排便痛が増し、随伴病変としての見張りいぼや肛門ポリープを合併するようになり、外科的処置が必要になってくる。この状態をとくに肛門潰瘍という。

[竹馬 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 肛門下部粘膜にできる裂創もしくはあかぎれ状の小潰瘍(かいよう)。多くは便秘が原因となり排便のさい激痛を伴う。裂肛。切れ痔。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android