コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肛門裂創 コウモンレッソウ

デジタル大辞泉の解説

こうもん‐れっそう〔カウモンレツサウ〕【×肛門裂創】

切れ痔(ぢ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうもんれっそう【肛門裂創】

れ痔

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肛門裂創
こうもんれっそう

裂肛ともいい、いわゆる切れ痔(じ)のことである。鈍力が牽引(けんいん)性に作用して組織の連続性を断たれた創(きず)を裂創とよぶが、肛門上皮の一部に裂創を生じた状態をいう。主として肛門後壁に生じ、自然治癒傾向が強いが、便通異常などで肛門裂創を繰り返すと、創は陳旧化して潰瘍(かいよう)となり、排便痛が増し、随伴病変としての見張りいぼや肛門ポリープを合併するようになり、外科的処置が必要になってくる。この状態をとくに肛門潰瘍という。[竹馬 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

肛門裂創の関連キーワード切れ痔・裂れ痔肛門鏡裂創痔裂

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android