コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝動脈塞栓術 カンドウミャクソクセンジュツ

2件 の用語解説(肝動脈塞栓術の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんどうみゃく‐そくせんじゅつ【肝動脈塞栓術】

肝細胞癌の治療法の一つ。肝動脈カテーテルを挿入して、抗癌剤を注入し、癌細胞に栄養を供給している動脈をふさいで腫瘍を壊死させる。肝動脈塞栓療法。TACE(trancecatheter arterial chemoembolization)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肝動脈塞栓術
かんどうみゃくそくせんじゅつ
transcatherter arterial embolization

肝内悪性腫瘍、とくに進行すると多量の動脈血を必要とする肝細胞癌(がん)の栄養血管を塞栓し、腫瘍を壊死(えし)させる治療手技。略称TAE。経カテーテル動脈塞栓術(療法)ともいう。X線透視下で、血管造影カテーテルによって肝内悪性腫瘍に栄養を送る血管を特定し、その栄養血管にゼラチンスポンジやスチールコイルなどの塞栓物質をカテーテルを介して注入し塞栓する。肝臓は肝動脈と門脈の双方から血流を得ているが、肝細胞癌へはほとんどの場合は肝動脈からのみ血流が供給されている。そのため一般には、肝動脈を塞栓すれば腫瘍への血流が遮断されて栄養がいかなくなるため、腫瘍が選択的に壊死する。一方、肝臓は門脈からの血流供給があるため、支障はない。
 手技としては大腿動脈穿刺(だいたいどうみゃくせんし)によりカテーテルを肝動脈へと進め、抗癌剤と油性造影剤の混合液を注入してから塞栓を行うことが多い。同時に抗癌剤も注入するこの治療法をとくに肝動脈化学塞栓術(TACE:trancecatheter arterial chemoembolization)とよび、現在はこれが主流である。この治療手技は、腫瘍部位の血流状態を反映して著しい腫瘍壊死効果を発揮する場合もあるが、辺縁部に腫瘍細胞が残存する可能性も否定できず、再発例も少なからず認められる。また、閉塞などにより門脈への血流供給が滞っている場合は、肝動脈とともに肝細胞への血流供給が全般に阻害され、肝梗塞が広範に生じて肝不全に陥るため、細心の注意を要する。TAEは、腫瘍の腹腔(ふくくう)内破裂などにも止血の目的で用いられる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone