コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝文 カンモン

デジタル大辞泉の解説

かん‐もん【肝文】

[名・形動ナリ]
重要な文章。
「不晴不晴の時、と申すが、中にも―でござる」〈虎寛狂・布施無経
大切なこと。また、そのさま。
「朝夕気をつくるが胸算用の―なり」〈浮・胸算用・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんもん【肝文】

( 名 ・形動ナリ )
肝要な文句。
大切な・こと(さま)。肝要。 「人は盗人、火は焼木たきぎの始末と、朝夕気をつけるが胸算用の-なり/浮世草子・胸算用 3

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

肝文の関連キーワード頤の雫

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android