コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無布施経/布施無経 フセナイキョウ

デジタル大辞泉の解説

ふせないきょう〔フセないキヤウ〕【無布施経/布施無経】

狂言。布施を出し忘れた檀家(だんか)へ、袈裟(けさ)を忘れたと言って戻ってくるが、施主が布施を僧のへ入れると、懐から袈裟が落ちる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふせないきょう【無布施経】

狂言の曲名。出家狂言大蔵,和泉両流にある。大蔵流の山本東次郎家のみ《布施無経》と書く。毎月のきまりで檀家へ祈禱にきた僧が,読経をすませて別れを告げるが,毎月出るはずの布施が出ない。これが例になっては困ると思い,再三小戻りしては施主に謎をかける。雑談や説法にこと寄せ,〈臥せり過ごして〉とか,〈不晴不晴(ふせいぶせい)の時〉などと執拗(しつよう)に暗示をくり返し,最後に袈裟(けさ)を落としたふりをして,鳥目(ちようもく)ならば10疋ばかりも入る穴に〈伏せ縫い〉がしてあるなどといったのが効を奏して,施主もようやく気がつき,布施を持ってくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無布施経
ふせないきょう

狂言の曲名。出家狂言。大蔵(おおくら)流山本家では「布施無経」と表記する。檀家(だんか)での読経を終えた僧(シテ)が帰る段になっても、いつもの布施が出ない。これが例になってはまずいと、説教にかこつけて布施を思い出させようとさまざまにいうが、檀家は気がつかない。僧はいったんはあきらめて帰途につくが去りがたく、袈裟(けさ)を懐(ふところ)に隠して、捜しに戻った体(てい)を装い、鳥目(ちょうもく)(銭(ぜに))が通るぐらいの穴を「ふせ縫い」にしたのが目印などと懸命に気づかせようとする。ようやく察した檀家が布施を出すと、僧は体面を取り繕いなかなか受け取ろうとしない。むりやり僧の懐に押し込むと、袈裟が出てくる。僧の「面目もおりない」で終曲。僧侶(そうりょ)の欲心を痛烈につく作品だが、貧僧の人間味豊かに揺れる心が共感をよぶ。『毛吹草』にもある諺(ことわざ)「布施無い経には袈裟を落とす」(無報酬の仕事には粗略なやり方で応ずる)に着想を得たらしい。[油谷光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

無布施経/布施無経の関連キーワード野村萬狂言

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android