コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝結核 かんけっかく

1件 の用語解説(肝結核の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かんけっかく【肝結核】

 感染症をはじめ、多くの疾患で肝臓(かんぞう)に肉芽腫(にくげしゅ)性の病変が生じることがあり、肝結核もその1つです。
 肺結核(はいけっかく)の合併症としておこったもの以外は、肺の病変はごく軽度か、認められないこともあります。
 発熱がもっとも多い症状ですが、原因不明の発熱が続くので受診し、頸部(けいぶ)リンパ節(せつ)の腫(は)れから見つかった場合もあります。
 血液検査をすると、アルカリホスファターゼ(ALP)の上昇のほかはほとんど異常がなく、超音波検査でも特徴的な所見はみられまん。肝生検(かんせいけん)をして、結核性肉芽腫性病変が確認できれば診断が確定されます。
 肺結核が再び増加しつつある昨今、肝結核は決してまれではありません。慢性肺結核の人の80%以上に、肝に結核性病変が認められていることに留意すべきです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

肝結核の関連キーワードペット感染症指定感染症性行為感染症慢性感染症溶連菌感染症感染症指定医療機関国際伝染病日本感染症学会循環器疾患パスツレラ菌感染症

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone