肥薩おれんじ鉄道[株](読み)ひさつおれんじてつどう

百科事典マイペディアの解説

肥薩おれんじ鉄道[株]【ひさつおれんじてつどう】

八代(熊本県)〜川内鹿児島県)間116.9kmを運行する第三セクター鉄道。2002年10月設立。九州新幹線の部分開業に伴い,JRから経営分離される並行在来線鹿児島本線を引き継ぎ,2004年3月営業開始。途中の新水俣と出水,川内で九州新幹線に接する。貨物列車運行を継続するためJR時代の交流電化設備は維持されたが,旅客用電車車両の新造にはコストがかかるとして,移管後は全旅客列車をディーゼルカーへ置き換えて運行している。一部列車が熊本・新八代〜八代間や川内〜隈之城・鹿児島中央間へ直通しているほか,2013年3月からは,スローライフな旅をコンセプトに車内の大改装を行い,沿線の名産品・特産品を味わうこともできる観光特別列車〈おれんじ食堂〉を運行。本社熊本県八代市,2014年資本金15億6000万円。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android