コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胃切除術 いせつじょじゅつgastrectomy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胃切除術
いせつじょじゅつ
gastrectomy

胃癌胃潰瘍などに対して胃の全部もしくは一部を切取る手術。胃を全部切除する全摘除術,胃小彎を含めて5分の4以上を切除する亜全摘除術,5分の4以下の切除をする噴門側胃切除術や幽門側胃切除術に分けられる。部分切除後の消化管再建方法としては,残胃と十二指腸を直接吻合する方法と,十二指腸断端は閉鎖して空腸と残胃を吻合する方法とがあり,最近は前者のほうが広く行われている。全摘除術後の再建方法としては,食道と十二指腸の間に約 20~30cmの有茎空腸を挿入する空腸間置法が広く行われている。胃切除術は近年きわめて安全な手術となり,術後数週間で退院できるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

胃切除術【いせつじょじゅつ】

胃癌,胃・十二指腸潰瘍(かいよう)などの胃疾患に対し,患部を除去するために行う手術。部分的胃切除術と全胃切除術(胃全摘出術)があり,前者には範囲に応じて種類がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

胃切除術の関連キーワードスリーブ切除術輸入脚症候群十二指腸潰瘍消化器外科ビルロート胃性下痢腹部外科減量手術胃炎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胃切除術の関連情報