コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胆沢ダム

2件 の用語解説(胆沢ダムの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

胆沢ダム

岩石や土砂を積み上げて建設するロックフィルダムとしては日本最大級で、2013年の完成を目指して建設中。洪水防止のための水量調節、水道水確保、発電などの多目的ダムで、総事業費は約2440億円。

(2009-03-04 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

胆沢ダム【いさわダム】

岩手県奥州市胆沢区,胆沢川上流に建設された多目的ロックフィルダム。2013年に完成したダムは堤高132m,堤長723mで,堤体積は実に1350万m3にもなり,ロックフィルダムとしては国内最大級の規模を有する。
→関連項目夕張シューパロダム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

胆沢ダムの関連キーワードロックガーデン嵩上げ積み樽平積みブロック建築輪積み法蟻塚盛土ロックフィッシュ野反ダム

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

胆沢ダムの関連情報