コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

背負い籠 ショイゴ

2件 の用語解説(背負い籠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょい‐ご〔しよひ‐〕【負い籠】

ひもをつけて背負うようにしたかご。しょいかご。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

背負い籠
せおいかご

背負い運搬具の一種。ショイカゴ、カルイカゴ、オイビク、テルなど呼称は多い。物を入れる籠に負い紐(ひも)を取り付けて仕上げられている。籠の素材は割竹とする例が広くみられるものの、ほかに粘りのある小枝数本を曲げて骨とし、それにヌイゴ縄を編み回してつくられたものもある。籠は大小さまざまで、編み方はざる編みで目の込んだものもあれば、六つ編みで目の粗いものもあり、変化に富む。形態は円筒形のものばかりではなく、底部が狭い形状のものもある。負い紐にはぼろきれで幅広く編まれたものが少なくなく、物を負って歩行する際、肩に加わる痛さを緩和するくふうがみられる。桑葉、松葉などの採取に使われたり、カキ、クリ、いも類、海藻類などを運ぶのに好便だとされてきたので、結束しにくいもの、軽いが容積のあるものなどを運搬するのに適していたことがわかる。籠の編み目の粗細はこれら運ぶ物の大小・形状に関係がある反面、一家当りの保有数が1~2個程度にとどまることが多いから、生活の実際では十分に使い分けがなされてきたとはいいがたい。背負い方では、両肩支持の使い方が広くみられるものの、頭部支持、胸部支持の例もある。[天野 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

背負い籠の関連キーワード板笈菊綴じ背負い子背負い込む背負い投げ筈高落し巾着掛緒紐刀連尺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone