背越膾(読み)せごしなます

精選版 日本国語大辞典の解説

せごし‐なます【背越膾】

〘名〙 小魚を背越しにして作った膾。《季・夏》
※俳諧・鸚鵡集(1658)三「木津川の小鮎は瀬こしなます哉〈南枝〉」
※浄瑠璃・加増曾我(1706頃)三「汝が嫡子も名に高き花の露ちる山吹の、せごしなますにしてくれん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android