コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦恒平 はたこうへい

百科事典マイペディアの解説

秦恒平【はたこうへい】

小説家,評論家。京都生れ。同志社大卒。医学書の出版社で働きつつ,1969年《清経入水》を書き太宰治賞受賞,やがて作家生活に入る。自己の生い立ちと,日本の中世文化や近代耽美主義文学に根差した独自の感受性に基づく作品を執筆

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秦恒平 はた-こうへい

1935- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和10年12月21日生まれ。北沢恒彦の弟。医学書院に勤務のかたわら小説をかき,昭和44年「清経入水」で太宰治(だざい-おさむ)賞。王朝文学の影響をうけ,幻想的な作風に特徴がある。ほかに「みごもりの湖(うみ)」「親指のマリア」など。平成3-8年東京工業大教授。京都出身。同志社大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

秦恒平の関連キーワード谷崎潤一郎小説家展望

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秦恒平の関連情報