胎盤ホルモン(読み)タイバンホルモン

化学辞典 第2版の解説

胎盤ホルモン
タイバンホルモン
placental hormone

胎盤由来で,妊娠の成立と維持に不可欠なホルモン.絨毛性性腺刺激ホルモンchorionic gonadotropin(ヒトのものはhCGないしはHCGと略称される)やエストロゲン様,プロゲステロン様作用を有するホルモンなどが含まれる.胎盤の絨毛細胞trophoblastから分泌されるhCGは,妊娠時に血中および尿中量がいちじるしく増大するので,妊娠の診断に用いられる.hCGは92個のアミノ酸残基からなるαサブユニットと,145個のアミノ酸残基からなるβサブユニットからなる.hCGと似た構造を有するホルモンとして,下垂体前葉ホルモンである甲状腺刺激ホルモンTSH,卵胞刺激ホルモンFSH,黄体形成ホルモンLHがある.αサブユニットは4者に共通であるが,βサブユニットはそれぞれ異なるゆえ,特異性を高めるためにhCG-βサブユニットの測定キットも開発されている.また,出産により胎盤がなくなると,hCGのみならず,胎盤から分泌されていたプロゲステロンやエストロゲンが急激に減少し,情緒不安定(マタニティーブルー)になることもある.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android