コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能美洞庵 のうみ とうあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

能美洞庵 のうみ-とうあん

1794-1872 江戸時代後期の医師。
寛政6年生まれ。能美隆庵の父。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩医。父に医学をまなび,藩主毛利斉元(なりもと),敬親(たかちか)の側医となる。医学館済生堂の創設に尽力し,頭取となって種痘の普及につとめた。明治5年5月29日死去。79歳。名は淑。字(あざな)は子艾。号は雪堂,自然斎など。著作に「自然斎方符」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

能美洞庵の関連キーワード青木周弼(あおきしゅうひつ)

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android