コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能美洞庵 のうみ とうあん

1件 の用語解説(能美洞庵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

能美洞庵 のうみ-とうあん

1794-1872 江戸時代後期の医師。
寛政6年生まれ。能美隆庵の父。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩医。父に医学をまなび,藩主毛利斉元(なりもと),敬親(たかちか)の側医となる。医学館済生堂の創設に尽力し,頭取となって種痘の普及につとめた。明治5年5月29日死去。79歳。名は淑。字(あざな)は子艾。号は雪堂,自然斎など。著作に「自然斎方符」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

能美洞庵の関連キーワード三角了敬阿部古仙猪股秀哉神戸習悦近藤魯渓佐藤圭陰佐野宏沢田玄良百々俊道守矢祥庵

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone