コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脆性遷移温度 ゼイセイセンイオンド

2件 の用語解説(脆性遷移温度の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぜいせいせんい‐おんど〔‐ヲンド〕【×脆性遷移温度】

金属は一定の温度以下になると本来の粘り強さを失い衝撃に弱くなる性質があり、その境界となる温度のこと。→中性子脆化
[補説]金属は中性子の照射を受けると脆性遷移温度が上昇するため、原子炉圧力容器の老朽化の目安とされている

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

脆性遷移温度

金属はある温度以下になると粘りがなくなって、衝撃に弱くなる。この境目の温度のこと。金属に中性子が当たり続けると原子の並び方が乱れ、より高い温度でも壊れやすくなる。このため、電力会社は、原子炉圧力容器の内部に入れてある同じ材質の試験片を順次取り出して、その遷移温度を実測し、熱したガラスを急に冷やすと割れるような現象が起きないか調べている。原発の運転期間が長くなるほど遷移温度は上昇する。上がり方は主に金属の成分に左右されるが、完全には予測できていない。

(2012-03-05 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の脆性遷移温度の言及

【延性】より

…しかし軟鋼などの強度の低い体心立方格子金属では靱性が急激に低下する温度がある。これを脆性遷移温度という。 金属材料は一般に延性が大きいが,鋳鉄のようにもろい金属材料もある。…

※「脆性遷移温度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

脆性遷移温度の関連キーワードガラス状態青くなる金属温度計散ずる冷たくなる末法だ・れる延性脆性遷移温度最大氷結晶生成帯脆化温度

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone