脊椎側彎症(読み)せきついそくわんしょう(英語表記)scoliosis

翻訳|scoliosis

世界大百科事典 第2版の解説

せきついそくわんしょう【脊椎側彎症 scoliosis】

側彎症ともいう。脊柱が右または左に湾(彎)曲した状態。多くの場合脊柱の回旋を伴う。日本には少ないといわれてきたが,近年は小・中学生に多くみられるようになり,発生率は0.3~0.5%といわれる。湾曲の程度は,側彎の上端椎骨下端の椎骨がつくる角度で表される。軽症のものでは目立たないが,15度を超えると外見上も明らかとなり,両肩や肩甲骨の高さが異なってくる。前屈すると,脊柱の凸側の脊部の肋骨が後方にふくらむ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android