コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脊椎側彎症 せきついそくわんしょう scoliosis

翻訳|scoliosis

1件 の用語解説(脊椎側彎症の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せきついそくわんしょう【脊椎側彎症 scoliosis】

側彎症ともいう。脊柱が右または左に湾(彎)曲した状態。多くの場合脊柱の回旋を伴う。日本には少ないといわれてきたが,近年は小・中学生に多くみられるようになり,発生率は0.3~0.5%といわれる。湾曲の程度は,側彎の上端の椎骨と下端の椎骨がつくる角度で表される。軽症のものでは目立たないが,15度を超えると外見上も明らかとなり,両肩や肩甲骨の高さが異なってくる。前屈すると,脊柱の凸側の脊部の肋骨が後方にふくらむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

脊椎側彎症の関連キーワード招き猫右折向こう付け四つ脊柱前湾脊柱側湾症鉄欠乏リンパ腫がっぷり四つ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone