コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脊髄ショック せきずいショックspinal shock

世界大百科事典 第2版の解説

せきずいショック【脊髄ショック spinal shock】

脊髄が急性の横断性病変に侵されたときに生ずる,病変部以下の脊髄機能の全般的な低下をいう。脊髄ニューロンの機能は,正常では上位中枢からの持続的な促通効果によって維持されているため,これらの上位中枢からの効果が急激に失われると,脊髄ニューロンの活動性が一時的に低下し,すべての反射が消失してしまい,弛緩性麻痺を生ずる。また血管支配交感神経系の活動も低下するため,血圧の下降もみられるようになる。このような脊髄ショックの状態は数週ないし数ヵ月続くが,その後しだいに病変部以下の脊髄反射機能が回復してくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android