コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痙縮 けいしゅくspasticity

翻訳|spasticity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

痙縮
けいしゅく
spasticity

筋伸展反射が過敏になって,このため筋緊張も病的に亢進する状態をいう。脳の錐体路の障害によって出現する症状の一つ。急激な受動運動に際し,当初は筋緊張による抵抗を強く示すが,ある時点で急に抵抗が減少する (折りたたみナイフ現象) 。屈筋伸筋のいずれか一方に特に強くみられるのが特徴である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

痙縮の関連キーワード喉頭・気管・気管支炎ボツリヌス療法トゥルソー現象筋弛緩薬筋痙縮五十肩筋肉痛筋固縮拘縮凝り

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

痙縮の関連情報