コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱皮ホルモン ダッピホルモン

大辞林 第三版の解説

だっぴホルモン【脱皮ホルモン】

脱皮を促進するホルモン。昆虫類の前胸腺ホルモン、脊椎動物の甲状腺ホルモン、甲殻類の Y 器官(頭部の内分泌腺)のホルモンなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の脱皮ホルモンの言及

【エクジソン】より

…名称はecdysis(脱皮)とケトン基を意味するone(オン)の合成語。α‐エクジソン,前胸腺ホルモンの別称があり,時に20‐ヒドロキシエクジソン(20‐OH‐エクジソン,エクジステロン,β‐エクジソン,クラストエクジソンに同じ)を含めて脱皮ホルモンあるいは変態ホルモンともいう。単離と構造決定はドイツのブテナントA.ButenandtとカールソンP.Karlson一派によって1948年から始められ,17年の歳月を費やしたが,使用された蚕のさなぎは,乾燥重量で総計3.5tに及んだ。…

※「脱皮ホルモン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

脱皮ホルモンの関連キーワードベンゾイルヒドラジン殺虫剤ジフェニルエーテル殺虫剤幼若ホルモン昆虫ホルモンサイナス腺エクジソン内分泌腺前胸腺昆虫類器官