コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腐泥 フデイ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐でい【腐泥】

藻類などの遺骸(いがい)やそれが腐朽した物質を多量に含む軟泥。無酸素層をもつような水域堆積(たいせき)がみられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

腐泥

生物の遺骸が多量に堆積してできた軟.ゼリー状のねば土および泥で,柔らかな有機物質,主に海藻などが,海底湖底のよどんだ嫌気性の条件で形成されたもの[Potonie : 1906].ギリシャ語のsaprosは腐る,pelosは泥の意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふでい【腐泥】

湖底や海底に堆積した生物の遺骸が、酸素の少ない状態で分解してできた黒褐色の泥。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

腐泥の関連キーワードサプロヒューモリス系列サプロヴィトリナイトサプアンスラサイトサプロペルサプアンスラコンビチューミナイトシュードカネルサプロダイトデイソダイル腐植腐泥系列サプロディル可燃性生物岩ステラライト黒色泥岩層腐泥石灰岩腐泥岩系列瀝青化作用サプロカル腐泥砂質岩富栄養湖

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android