コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腟自浄作用 ちつじじょうさようautopurification of the vagina

世界大百科事典 第2版の解説

ちつじじょうさよう【腟自浄作用 autopurification of the vagina】

腟内を細菌学的に検査すると,連鎖球菌,ブドウ球菌,大腸菌,バクテロイドなど多種の菌が検出される。しかし成熟婦人では,これらの菌やトリコモナス原虫あるいはカンジダなどの真菌が異常に増加して腟炎を起こすことは比較的まれである。この理由の一つは,成熟婦人の腟は卵巣から分泌されるエストロゲンの作用で上皮が厚くなり,感染に対する抵抗性が強いためである。もう一つの理由は,やはりエストロゲンの作用により腟の上皮中に増加するグリコーゲンをデーデルライン乳酸杆菌が乳酸に変えるため,腟内が酸性に保たれ,その他の菌が増殖しにくいためである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の腟自浄作用の言及

【性器】より

…腟腔内にはデーデルライン杆菌(腟杆菌)がおり,これがグリコーゲンを分解して乳酸を作るために腟内は酸性に保たれ感染防御に役立っている。これを腟自浄作用という。
[外性器]
 外性器(外陰部)として陰核,腟前庭,小陰唇,大陰唇(陰唇)などがある。…

※「腟自浄作用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android