コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自浄作用 じじょうさようself-purification

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自浄作用
じじょうさよう
self-purification

河川,湖沼,海域に混入した汚濁物質を,沈殿酸化,生物による分解などにより,水自体で浄化する作用。湖沼のような静水域では,汚濁物質が大量に沈殿したり,酸化還元されたりする。河川のように水の流動するところでは,有機性汚濁物質を,微生物,昆虫などの分解者無機物に分解して自然界に還元する。下水処理は,この作用を人為的に高めたものといえる。しかし,この作用には限界があり,自然の浄化力をこえると,浄化しきれないだけでなく,作用の能力が低下する。また,重金属や分解しにくい物質には作用も及びがたく,リン,窒素塩類も分解しにくい。赤潮水の華,死の川などの現象は,自浄作用をこえた状態といえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じじょう‐さよう〔ジジヤウ‐〕【自浄作用】

川・海・大気などに入った汚濁物質が、沈殿・吸着や微生物による分解などの自然的方法で浄化されること。特に河川での微生物による分解をさす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じじょうさよう【自浄作用】

川・海・大気などが流れている間に、自然に汚濁が取り除かれ清らかになるはたらき。沈殿・吸着、生物による分解などによる。
組織内部の悪いところを自力で消しさるようなはたらき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

自浄作用の関連キーワード老化にともなう女性性器の病気と症状バイオ・レメディエーション女性性器のしくみとはたらき老人性腟炎(萎縮性腟炎)下水処理水の再生利用生物化学的酸素要求量デーデルライン桿菌歯の正しいみがき方三菱自動車工業非特異性腟炎カキ(牡蠣)口腔乾燥症膣炎・腟炎小児の腟炎急性膀胱炎浮遊物質高温廃水浄化作用河川浄化結膜炎

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自浄作用の関連情報