腰窓(読み)こしまど

精選版 日本国語大辞典「腰窓」の解説

こし‐まど【腰窓】

〘名〙
部屋廊下などの床に接して作られた小さな窓。
※歌舞伎・富士額男女繁山(女書生)(1877)序幕「上手の褄掃出しの腰窓」
② 窓下の腰が高い窓。
※或る女(1919)〈有島武郎〉後「二人は葉子の部屋だった六畳の腰窓の前に小さな二つの机を並べた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報