コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腰衣 コシゴロモ

デジタル大辞泉の解説

こし‐ごろも【腰衣】

僧尼が腰につけた短い黒色の衣。ひだがあり、袴に似る。裙(くん)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こしごろも【腰衣】

僧尼が腰にまとう黒色の襞ひだのある裳のようなもの。裙子くんす

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腰衣
こしぎぬ

ロインクロス」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の腰衣の言及

【衣服】より

身体装飾装身具服制服装【鍵谷 明子】
[衣服の形式]
 衣服の形は人体,風土,民族の生活,材料,性に影響されて多様なものが生まれてきた。しかし,基本的形態としては,紐衣(ちゆうい)型(リガチュアligature),巻き衣型(ドレーパリーdrapery),貫頭衣型(チュニックtunic),前開き型,腰衣(ようい)型(ロインクロスloin‐cloth),ズボン型などが見られる。紐衣型は獣皮衣と共に,人類の原始衣の形の一つで,旧石器時代のビーナス像や,古代エジプトの奴隷の腰部に紐状のものを巻きつけたものが見られ,腰衣型とも関連している。…

※「腰衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

腰衣の関連キーワードサロン(腰衣)カウナケスカラシリス深沙大将かっぽれドーティ民族衣装インカ裂スカート伎芸天サロンキルト僧尼更紗裙子被服直綴