裙子(読み)クンス

大辞林 第三版の解説

くんし【裙子】

くんす(裙子)」に同じ。

くんす【裙子】

〔「す」は「子」の唐音。主として禅宗での用語〕
僧衣の一。腰から下を覆う、ひだの多い裳のようなもの。裙くん。腰衣。内衣ないえ。くんし。 → 偏衫へんさん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くん‐し【裙子】

〘名〙 =くん(裙)
※首が落ちた話(1918)〈芥川龍之介〉中「第一に現はれたのは、彼の母親のうすよごれた裙(クンシ)である」

くん‐す【裙子】

〘名〙 =くん(裙)
※六物図抄(1508)「裙子は涅柈僧と云て下にきる物也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の裙子の言及

【直綴】より

…腰から下は裙の遺形ともいうべき襞(ひだ)がある。褊衫は両袖があり,身ごろもを合わせ,わき下をひもで結んで用いた上衣で,すでに北魏ころに中国で作られ,裙は裙子(くんす)ともいい,襞の多い腰衣でもとは腰にまきつけて用いた。十徳【堀池 春峰】。…

【法衣】より

袈裟(けさ)も広義には法衣に属するが,狭義には袈裟の下に着る衣服を法衣とか衣(ころも)といい,その種類や着衣の様式,材質,色合いは多種多様である。(1)褊衫(へんさん)という短衣の上着に,裙子(くんす)という下裳を着ける様式。仏教伝来以来あり,鎌倉時代には主として禅家の間で上下を縫い合わせた直綴(じきとつ)を着用するようになった。…

※「裙子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android