コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腹膜刺激症状 ふくまくしげきしょうじょう

1件 の用語解説(腹膜刺激症状の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ふくまくしげきしょうじょう【腹膜刺激症状】

 腹膜に炎症などの異常がおこると、特有の症状が現われてきます。
 この症状を腹膜刺激症状といい、筋性防御(きんせいぼうぎょ)とブルンベルグ徴候がその代表です。
●筋性防御(きんせいぼうぎょ)
 手のひらで腹部を軽く圧迫したときに、腹壁が緊張してかたくなっている症状をいいます。
 ひどくなると、腹部が張って、板のようになることがあります。
●ブルンベルグ徴候(ちょうこう)
 腹部を手のひらで徐々に圧迫していって、急に手を離すと、はっきりとした痛みを感じる症状をいいます。
 反跳圧痛(はんちょうあっつう)、反動痛(はんどうつう)ともいいます。
●その他の症状
 腹部の広い範囲に感じる腹痛、吐(は)き気(け)・嘔吐(おうと)、排ガスや排便の停止、かぼそい脈拍(みゃくはく)、浅い呼吸などもおこります。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone