コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腹膜刺激症状 ふくまくしげきしょうじょう

家庭医学館の解説

ふくまくしげきしょうじょう【腹膜刺激症状】

 腹膜に炎症などの異常がおこると、特有の症状が現われてきます。
 この症状を腹膜刺激症状といい、筋性防御(きんせいぼうぎょ)とブルンベルグ徴候がその代表です。
●筋性防御(きんせいぼうぎょ)
 手のひら腹部を軽く圧迫したときに、腹壁が緊張してかたくなっている症状をいいます。
 ひどくなると、腹部が張って、板のようになることがあります。
●ブルンベルグ徴候(ちょうこう)
 腹部を手のひらで徐々に圧迫していって、急に手を離すと、はっきりとした痛みを感じる症状をいいます。
 反跳圧痛(はんちょうあっつう)、反動痛(はんどうつう)ともいいます。
●その他の症状
 腹部の広い範囲に感じる腹痛、吐(は)き気(け)・嘔吐(おうと)、排ガスや排便の停止、かぼそい脈拍(みゃくはく)、浅い呼吸などもおこります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

腹膜刺激症状の関連キーワード子宮付属器炎(卵管炎/卵巣炎)虫垂炎(虫垂突起炎)/盲腸炎胃・十二指腸潰瘍虚血性腸病変十二指腸損傷移動性盲腸急性腹膜炎骨盤腹膜炎子宮外妊娠腹部外傷腎周囲炎小腸損傷虫垂炎腸閉塞肝損傷腹膜炎

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android