コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膀胱外反症 ぼうこうがいはんしょうExstrophy of the bladder

家庭医学館の解説

ぼうこうがいはんしょう【膀胱外反症 Exstrophy of the bladder】

[どんな病気か]
 非常にめずらしい尿路(にょうろ)の形態異常です。生まれつき、恥骨(ちこつ)上の正中線(せいちゅうせん)上で、腹壁前壁と膀胱前壁が欠けて開いています。程度によって完全裂と不完全裂とがあります。膀胱後壁の粘膜(ねんまく)が外反して、からだの表面に飛び出しているので、たえず尿がもれています。
 尿失禁(にょうしっきん)や感染をともない、感染が尿路の上部、腎臓(じんぞう)におよぶので、慢性腎盂腎炎(まんせいじんうじんえん)・腎不全(じんふぜん)をおこします。
 このため、適切な治療をしないと、膀胱外反症の子どもの3分の2は、10歳までに死亡するといわれています。
[治療]
 尿もれ、汚染、上部尿路感染を防ぎ、腎臓のはたらきを保つため、欠けて開いた部分をぬい合わせる膀胱形成術や、尿路を人工的に形成する尿路変向術(にょうろへんこうじゅつ)が行なわれます。なお、ほかにも尿路の形態異常をともなっていることが多いので、いろいろな検査の必要があります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

膀胱外反症の関連キーワード尿道上裂

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android