慢性腎盂腎炎(読み)まんせいじんうじんえん(英語表記)Chronic Pyelonephritis

  • (腎臓と尿路の病気)
  • 慢性腎盂腎炎 Chronic Pyelonephritis

家庭医学館の解説

[どんな病気か]
 慢性腎盂腎炎には、不十分な治療で急性腎盂腎炎(「急性腎盂腎炎」)が慢性化したもの、急性腎盂腎炎の再発をくり返したもの、ほとんど無症状で長期間経過した腎盂腎炎などがあります。
 このようにして、腎臓の機能は徐々に失われていき、ついには腎不全(じんふぜん)(「腎不全」)におちいることがあります。
 このような場合、腎不全になるまでの期間は、人によってさまざまです。急速に進行して、短期間で腎不全になるものもあり、一方では30年以上かかるものもあります。
[原因]
 腎盂や腎実質(じんじっしつ)でくり返される細菌感染が、慢性化の原因となります。
 とくに、尿の流れが悪くなるようなさまざまな病気、膀胱尿管逆流(ぼうこうにょうかんぎゃくりゅう)(「膀胱尿管逆流」)現象などが続くと、慢性化しやすくなります。
 感染する細菌は、大腸菌(だいちょうきん)などのグラム陰性桿菌(いんせいかんきん)が中心ですが、急性腎盂腎炎よりは多彩です。
[症状]
 慢性腎盂腎炎は、はっきりした症状が現われないこともあります。
 初期では、症状があったとしても、全身の倦怠感(けんたいかん)(だるさ)、頭痛など、はっきりしない不調を訴える(不定愁訴(ふていしゅうそ))だけです。しかし、急激に悪化すると、急性腎盂腎炎のような発熱、腰背部(ようはいぶ)の痛みがおこります。
 病気が進行して末期になると、血圧の上昇や腎臓の機能低下によって、尿毒症(にょうどくしょう)(「尿毒症」)の症状が現われてきます。
[検査と診断]
 これまで、どのような尿路感染をおこしたかが、診断の手がかりとなります。とくに、子どものときに尿路の感染をおこし、よく熱をだしたことがあるという人は、詳しく検査する必要があります。
 まず、尿の検査をして、膿(うみ)や細菌が尿にみられないかを調べます。
 膿や細菌がみられたら、それが腎盂腎炎によるものか調べるため、血液検査などをして、腎臓の機能をみます。腎臓は血液を濾過(ろか)して尿をつくるので、血液を調べると、腎臓のはたらきぐあいがわかり、診断がつきます。
 さらに、超音波検査、静脈性腎盂造影(じょうみゃくせいじんうぞうえい)、CTスキャン、腎シンチグラフィなど、各種の画像検査をして、尿の流れが悪くなっていないか、その原因がないかなど、慢性腎盂腎炎の引き金になっている誘因を調べます。
 こうして、腎臓の大きさや形、腎盂や腎杯(じんぱい)の変形の程度を観察し、腎盂腎炎の進行の程度を診断します。
[治療]
 抗菌作用のある薬剤を使用し(化学療法)、尿に膿や細菌などが少なくなって、状態がよくなってきたら、少量の薬剤を長期にわたって服用するように治療方針をきりかえ、再発を防止するようにします。
 また同時に、慢性化をもたらしている障害があれば、それらの治療および除去が必要となります。
 このように、慢性腎盂腎炎の治療では、感染をできるだけ制御し、急激な悪化によって、腎臓の機能がおかされないようにすることが、まず第1の目的になります。
 治療中は、定期的に血液検査などをし、血液中の尿素窒素(にょうそちっそ)やクレアチニン、電解質など、腎臓のはたらきが悪くなると増える物質の数値を調べ、監視します。また、静脈性腎盂造影も行なって、腎臓の大きさや腎盂の形に変化がおこらないよう、チェックします。
[日常生活の注意]
 慢性腎盂腎炎と診断されたら、つねに腎臓の状態をみておくために、泌尿器科(ひにょうきか)か腎臓専門の内科を定期的に受診しましょう。
 腎臓の機能に障害がみられ、高血圧などの病気がともなうようになってきたら、食事療法が必要となります。
 なお、腎臓の機能が悪化して、人工透析(じんこうとうせき)を受けなければならなくなった人たちの2%ほどは、慢性腎盂腎炎が原因となっています。

出典 小学館家庭医学館について 情報

六訂版 家庭医学大全科の解説

どんな病気か

 腎盂や腎臓そのもの(腎実質)に感染を起こす腎盂腎炎を繰り返すと、慢性腎盂腎炎になります。慢性腎盂腎炎では腎機能障害が徐々に進行し、腎不全に陥ることがあります。

原因は何か

 尿路に感染を起こしている細菌が何らかの原因で繰り返し腎盂に達するもので、尿流障害が背景にあります。つまり、腎盂・尿管の形態異常、尿路結石(にょうろけっせき)、腎盂・尿管の悪性腫瘍、膀胱尿管逆流現象神経因性膀胱(しんけいいんせいぼうこう)前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)などが原因として考えられます。

 急性腎盂腎炎で感染する細菌は大腸菌が多いのですが、慢性腎盂腎炎ではその他の細菌の場合も少なくありません。また、1種類の細菌だけではなく2種類以上の細菌に同時に感染している混合感染のこともあります。必ずしも細菌が証明できない場合もあります。

症状の現れ方

 通常ははっきりとした症状はありませんが、急性増悪を起こすと寒気や震えを伴った高熱や、腰や背中の痛み、尿のにごりや頻尿などの症状が認められます。慢性期には、微熱、全身倦怠感(けんたいかん)、食欲不振、腰痛、体重減少などの症状は軽微であることが多く、病気が進行すると高血圧になったり、腎不全に陥ったりします。片側性のものでは、病気が進行しないと症状としてはとらえられないことも多くあります。

検査と診断

 尿検査で白血球や細菌が認められ、また過去に膀胱炎急性腎盂腎炎などの尿路感染症の既往があれば慢性腎盂腎炎が疑われます。

 尿路の異常や尿通過障害を調べるため、超音波、静脈性腎盂造影、膀胱造影、CTなどの検査を行います。また、血液検査では腎機能障害の程度を確認します。

 区別すべき疾患としては、急性腎盂腎炎、慢性尿細管間質性腎炎(にょうさいかんかんしつせいじんえん)腎結核(じんけっかく)などがあげられます。

治療の方法

 できるだけ水分を多くとるようにします。薬は抗生剤を投与しますが、再発・再燃を繰り返す場合には、細菌尿が陰性化し、尿所見や臨床症状が改善したあとも、1カ月以上の継続投与が必要です。慢性化の誘因となっている尿通過障害があれば、尿の通りをよくする手術を検討します。

 尿路の基礎疾患が除去できなければ、急性増悪を繰り返し、腎障害が進行します。腎不全が進行した場合は、透析療法が必要になります。

病気に気づいたらどうする

 前述の症状がある時は、ただちに子どもは小児科、大人は泌尿器科か内科を受診します。

井尾 浩章

出典 法研「六訂版 家庭医学大全科」六訂版 家庭医学大全科について 情報

世界大百科事典内の慢性腎盂腎炎の言及

【腎盂腎炎】より

…大量な抗生物質の使用によって,1~2週間で完治するが,治療が不完全だと,全治したかにみえても,慢性化して,治療が非常に困難になるので注意を要する。 慢性腎盂腎炎は急性腎盂腎炎が慢性化してなる場合が多いが,ときに最初から潜在的に始まって慢性化することもある。急に悪化するときには急性腎盂腎炎の症状を示すが,一般には全身倦怠,微熱,貧血,胃腸症状などの全身症状がみられるだけのことが多い。…

※「慢性腎盂腎炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android