膜説(読み)まくせつ(英語表記)membrane theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

膜説
まくせつ
membrane theory

生物電気の発生機構を説明する考え方で,J.ベルンシュタインによって唱えられた (1902) 。細胞の原形質膜陽イオン陰イオンに対する透過性に違いをもっており,透過性の高いイオンのほうが膜を通過して外に出ようとする一方,透過しにくいイオンは膜内に残る。これらのイオンが電気的に引合うと膜を境として電気的に二重層が形づくられる。通りやすいイオンが陽イオン,通りにくいイオンが陰イオンであれば,外側は正に,内側は負になり,事実をよく説明できるとした。膜説の原型は,変更を受けつつ,興奮性膜のナトリウムポンプ説へと発展した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android