コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膨張セメント ぼうちょうセメントexpanding cement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

膨張セメント
ぼうちょうセメント
expanding cement

凝結,硬化中に膨張するセメントコンクリートの乾燥収縮によるひび割れを防ぐことができる。石膏,ボーキサイト,チョークなどを適当に配合して粉砕し,これを焼成したものを膨張剤として普通のセメントに混合したもの。セメントに水を加えて混ぜると,化学変化を起し,凝結作用に続いて硬化現象を示す。その際,膨張剤の膨張現象によって,コンクリート内部に応力を生じるので,構造的に強くなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の膨張セメントの言及

【セメント】より

…装飾,塗装,人造石,芸術などに用いられる。膨張セメントexpansive cement膨張材を加えてコンクリートの乾燥収縮によるひび割れ防止,あるいは鉄筋との緊張力を発生させるケミカルプレストレス用混合セメント。膨張材としてはカルシウムスルホアルミネート系,石灰系,アルミン酸カルシウム系,セッコウ系などがあるが,日本では前2者が利用されている。…

※「膨張セメント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

膨張セメントの関連キーワードひずみ計

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android