コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膳傾子 かしわでの かたぶこ

2件 の用語解説(膳傾子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

膳傾子 かしわでの-かたぶこ

?-? 6世紀後半の豪族。
欽明天皇31年(570)勅命により越(こし)(北陸地方)におもむき,高句麗(こうくり)(朝鮮)使節の接待にあたる。用明天皇2年蘇我馬子物部守屋(もののべの-もりや)征討の軍にくわわった。名は賀拕夫ともいう。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

膳傾子

生年:生没年不詳
6世紀後半の有力豪族。菩岐岐美郎女(聖徳太子の妃のひとり)の父。欽明31(570)年,高句麗の使者が越国(北陸地方)に漂着すると,饗応のために派遣された。これは,大王の側近として食膳の奉仕を担当した膳氏の世襲職にちなむ。用明天皇死去(587)ののち,大臣蘇我馬子を中心に大連物部守屋追討軍が組織されると,その一翼を担った。これを契機に,馬子を通じて蘇我氏の血をひく王族との関係を深めたようで,茨田,田目の両皇子や舂米,佐々,三嶋の諸女王など,聖徳太子の兄弟や子女は,膳氏同様,食膳奉仕を職務とした氏族の手で養育されている。藤ノ木古墳(奈良県斑鳩町)の被葬者を傾子にあてる説がある。

(遠山美都男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

膳傾子の関連キーワード穴穂部間人皇女大臣豪族摂関時代漢人夜菩乎〓(“獣へん”に「隻」)居膳大娘膳菩岐岐美郎女吉備海部羽嶋道君

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone