膳棚(読み)ゼンダナ

大辞林 第三版の解説

ぜんだな【膳棚】

膳・椀などの食器をのせておく棚。
大型和船で、上棚と台の間をふさぐ板。櫓櫂張ろかいばり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐だな【膳棚】

〘名〙
① 台所にとりつけてある、や椀などの食器類をのせておく棚。食器棚。
※兵範記‐久寿二年(1155)七月二四日「殿上御倚子・御笏・式筥・印筥・時簡・膳棚・殿上和琴・書仗等、出納一人相副同奉渡之
※俳諧・鷹筑波(1638)三「ぜん棚のかざりの縄や七五三〈好琢〉」
② 大型和船の上棚上縁と台とのあいだ、つまり台間(だいあい)をふさぐ板張りの、荷船での呼称。軍船では櫓櫂張(ろかいばり)といい、櫓を立てない一部の台間を張るが、江戸後期の弁才船は帆走を専用するため、ほぼ全体を張りつめる。
※和漢船用集(1766)一〇「ろかい張〈略〉荷舟にて膳棚と呼、川舟にて桁(けた)ゑんと云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の膳棚の言及

【水屋】より

…水屋棚の構成は水屋飾と結び付いて定式化されており,流儀の約束による多少の相違はあるが,大きな変化はない。(2)食器や食品などを入れる戸棚(膳棚ともいう)。間口は3尺くらいから大きいものでは1間,1間半もあり,引違い戸,抽斗(ひきだし),慳貪(けんどん)などがついている。…

※「膳棚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android