コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帆走 ハンソウ

デジタル大辞泉の解説

はん‐そう【帆走】

[名](スル)
船が帆を張って、風の力で航行すること。「ヨットが帆走する」「帆走船」
大気中の気流に支えられて飛行すること。滑空

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

帆走【はんそう】

帆に風を受けて船をらせること。推進力は,の揚力と抗力の船体中心線方向の成分和,つまり前方と後方の分力の差である。このとき船体は側圧を受けるため,実際の進行方向は船体中心線と一致せず,風下方向にやや横すべりしながら前進する。
→関連項目ヨット

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

はんそう【帆走】

( 名 ) スル
船が帆を張って風の力で走ること。 「外洋を-するヨット」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

帆走の関連キーワードウインドサーフィン詰め開き・詰開き潮懸かり・潮懸りヨット・レースカッター(船)弁才船・弁財船ガレオン船ヨット競技クルーザーサタワル島間切り走りセーリングランニングNORC下手回しカッターハーネス開き走り上手回しカラック

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帆走の関連情報