コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨【し】 りんし

百科事典マイペディアの解説

臨【し】【りんし】

中国,山東省【し】博市の区。春秋戦国時代の前859年以来の都(臨【し】古城址)として繁栄。政治や商業の一大中心地たるとともに,諸子百家の学もここを中心とした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

臨【し】の関連キーワード【せん】リンツー封泥楽毅版築

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android