コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸子百家 しょしひゃっかZhu-zi bai-jia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

諸子百家
しょしひゃっか
Zhu-zi bai-jia

中国の戦国時代 (前 403~221) に輩出した多数の思想家の総称。「子」とは先生,「家」とは学派のことである。『漢書』によれば,189家があげられており,儒家道家陰陽家法家名家墨家縦横家雑家農家小説家の 10派に分類されている。ほかに兵家があり,なかでも,思想的に重要なのは,儒,道,墨,法の4家であった。諸子百家 (用例初出は前漢『史記』の賈誼伝) のなかにすでに中国的思考のあらゆる原型が出ており,後世の思想史の最大の要素,源泉となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょし‐ひゃっか〔‐ヒヤクカ〕【諸子百家】

中国、春秋戦国時代に現れた多くの思想家およびその学派の総称。儒家孔子孟子)・道家老子荘子)・墨家(ぼっか)墨子)・法家管仲商鞅(しょうおう))・名家公孫竜)・兵家孫子呉子)・縦横家蘇秦(そしん)張儀)・陰陽家雑家農家小説家など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

諸子百家【しょしひゃっか】

中国,春秋戦国時代の諸学者・諸学派の総称。春秋以来,崩壊する旧制度や社会の変動に種々の疑問がもたれた中から,独自の思想・主張をもつさまざまの思想家が生まれた。これらを前漢の司馬談は陰陽家,儒家(孔子孟子),墨家(墨子),法家韓非子),名家(恵施),道家老子荘子)の6家に分け,司馬遷はその分類を踏襲しつつ,《史記》で初めて諸子百家と呼んだ。
→関連項目商鞅ソフィスト中華人民共和国兵家楊朱臨【し】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳の解説

諸子百家

七国が対立しつつ統一への機をうかがった戦国時代(前四七五~二二一)、百家争鳴といわれる多くの思想家(子)が活躍した。『漢書』は「諸子百八十九家」を著録し、主な流派を儒家・道家・墨家・法家・名家・陰陽家・縦横家・農業家・小説家・雑家の一〇家に分けている。

諸子百家

→「いつか必ず役に立つ!編 これだけは押さえておきたい!中国古典」の「諸子百家」

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょしひゃっか【諸子百家 Zhū zǐ bǎi jiā】

中国,春秋末期から戦国期にかけての,ほぼ300年間に活躍した思想家群をさす。《史記》賈誼(かぎ)伝にみえる語。〈諸子〉とは,この期に独自の思想をかまえ,専門の学説を樹立した術芸の学士たちの意。〈百家〉は,その専門の流派の多さを象徴的に表現した量詞。またのちに,この専門家の著述を,儒教の〈経〉典や〈史〉書から区別して一括し,〈子〉部の書とよぶ。 秦・漢期以後の思想家の源流は,おおむね〈諸子〉の活動期にもとめることができる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょしひゃっか【諸子百家】

中国、春秋末期から戦国時代にかけての諸学者・諸学派の総称。陰陽家の鄒衍すうえん、儒家の孔子・孟子・荀子、墨家の墨子、法家の韓非子、名家の公孫竜、道家の老子・荘子、兵家の孫子、縦横家の蘇秦・張儀など。また、儒家を除いていう場合もある。 〔「百家」はその多さを表した語〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

諸子百家
しょしひゃっか

中国、戦国期を中心とする時代に輩出した諸種の思想家。またはその典籍。この語の由来に関し、一説に班固(はんこ)の『漢書(かんじょ)』芸文志(げいもんし)の諸子略に189家、4324編の書が著録されている事実を根拠とし、百家を189家の概数的表現と解する。だが、『史記』賈誼(かぎ)伝に「頗(すこぶ)る諸子百家の学に通ず」というのがその初出の例である以上、百家は単に諸子の数の多いことを意味すると考えられる。
 諸子とは、書目(しょもく)では経書や史書などと対置されるのだが、本来はもろもろの学士をさす。その本格的な学派分類は、司馬遷(しばせん)の父、談の六家(陰陽家(いんようか)、儒家(じゅか)、墨家(ぼくか)、名家(めいか)、法家、道家(どうか))、および班固の十家(儒家、道家、陰陽家、法家、名家、墨家、縦横家(じゅうおうか)、雑家、農家、小説家)に始まる。『隋書(ずいしょ)』経籍志では、兵、天文、暦数、五行(ごぎょう)、医方の5類が付加される。先秦(せんしん)時代の諸子に限っていえば、かかる後代の尺度による分類は、かならずしもその実態の把握に直結しない。なぜなら、いわゆる諸子百家のうち学派とよぶにふさわしい実質を備えていたのは、儒家と墨家の両派のみであったと推測されるからである。したがって、十家などの分類は、諸子の大まかな思想・学説の傾向を示したものにすぎない。戦国期に諸子の輩出した原因としては、各国君主が混迷の時代を乗り切るための方策を求めていたことや、それに伴う活発な精神を基調とする下剋上(げこくじょう)の風潮などをあげることができる。[伊東倫厚]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の諸子百家の言及

【春秋戦国時代】より

…老子や荘子の考えは,道を根本として構成されるので,道家とよぶ。このほか論理学を説く名家,陰陽論を説く陰陽家,上述の蘇秦・張儀のごとく外交術を説く縦横家,農業技術や農民思想を説く農家など多くの流派の思想家が活躍し,互いに影響しあい,中国史上最も自由に思想が説かれた時代であり,これらを諸子百家と総称するが,後世に大きな影響を与えたのは儒家と道家であり,法家は思想として表面にあらわれなかったが,儒家の徳をたてまえとする政治を支える技術としてつねに利用された。 このように多様な思想が自由に展開したのは,人間精神の躍動を示すものであり,これは芸術にもあらわれた。…

【中国思想】より

…これが儒教の根本精神となったのである。 孔子の直後に戦国の諸子百家の時代が始まる。諸子百家とは何か。…

【中国文学】より

…《書経》が中国の散文の起源となったのと並んで《詩経》は韻文のはじめをなす古典となった。
[諸子の文学と歴史の文学]
 前8世紀に始まる春秋戦国の時代は政治上では分裂の時代だが,文字の知識が少数者の手から貴族全体へ,さらに下級の士へと移り広まるにつれて多数の思想家が現れ,〈諸子百家〉の種々の学派を形成した。思想家と門人たちとの対話が記録され(その最初は《論語》である),前4世紀には組織的な著作もあらわれた。…

※「諸子百家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

諸子百家の関連キーワード古賀侗庵中国哲学平賀鷹峰山田春城百子全書呂氏春秋横田伯慎ぼっか劉石庵松山清漢文学蘇秦神農四庫許行荀子諸家

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

諸子百家の関連情報