コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨淄遺跡 りんしいせきLin-zi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臨淄遺跡
りんしいせき
Lin-zi

中国山東省臨 淄県にある都城址。 1940,41年に関野雄が踏査し,この地を斉都臨 淄に比定した。その後,58年になって,山東省文化局が臨 淄の調査を行い,64~66,71年にも調査が行われている。城址は南北 4km,東西 3km以上の南北に長い不整方形だが,西壁,東壁,南壁などの一部が残るほか,破壊の進んだ部分もあり,明らかでない点も多い。城の南西部には営丘城と呼ばれる東西約 1300m,南北約 1800mの小城がつく。臨 淄からは特色のある斉の半瓦当のほか,陶文のある土器,漢代の封泥などの遺物が数多く出土している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android