コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨界エネルギー りんかいエネルギーcritical energy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臨界エネルギー
りんかいエネルギー
critical energy

一般に荷電粒子の制動放射によるエネルギー損失が電離損失と等しくなるエネルギー。放射損失は電子,陽電子に顕著なので普通はこれらの粒子に対するものをさす。原子番号の2乗,入射エネルギーに比例する。電離損失は原子番号にほぼ比例し,入射エネルギーにほとんど依存しないから,臨界エネルギーは原子番号の大きい物質ほど小さく,鉛 (原子番号 82) で 6.90MeV,鉄 (26) で 24MeV,アルミニウム (13) で 49MeV,また,標準空気で 85MeV,水で 96MeVである。臨界エネルギー以上の電子,陽電子,光子は,制動放射や電子対生成 (→対生成 ) によってカスケードシャワーを起すが,臨界エネルギー以下では電子,陽電子は電離損失で吸収される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

臨界エネルギーの関連キーワードカスケード・シャワー

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android